学校(教育)ソフトウェアの開発・販売

数学問題演習ソフト

 高校数学全範囲の問題・ヒント・解答付き
 生徒毎・学習毎に数値の異なる問題を出題
 数式解析による正誤判定
 得点機能でやる気アップ
 全生徒の学習状況をリアルタイムで表示

無料の体験版では、実際にいくつかの問題を学習できます。
ヒント、解答、例題の表示および答えの入力方法などについて、ご体験ください。

 『ドリオス』は、個々の生徒に異なった問題を出題したり、生徒の要求に応じて必要なヒントだけを表示したり、生徒が入力した答え(数式)の正誤判定をする問題演習ソフトです。
 『ドリオス』には、高等学校で学習する数学T〜V、数学A〜Cの教科書基本レベルから大学入試レベルまでの問題が大問数で2000題近く登録されています。しかも登録されている問題は、数値の部分が乱数で変化するパターンとして登録されていますので、同じ問題を指定しても生徒毎に数値の異なった問題を学習させることができます。
 また、教師用システムでは、学習内容や学習条件の設定だけでなく、個々の生徒に出題した具体的な問題や生徒が入力した答え、生徒からの質問、さらには学習状況をリアルタイムで表示する機能があります。


『ドリオス』の特徴

(1)高等学校で学習するすべての単元を網羅
 『ドリオス』には、高等学校の生徒に確実に定着させたい内容の教科書基本問題から大学入試問題までの重要問題が大問数で2000題近く登録されています。高等学校で学習するほとんどの単元が登録されています。


 登録されている問題の難易度と問題数は、次のようになっています。
 ( )内はグラフを書く問題や証明問題を除いた『ドリオス』が答えのチェックを自動でできる問題です。
難易度難易度の基準大問数小問数
A,a教科書の基本レベル767(736)2143(2076)
B,b教科書の標準レベル749(733)1232(1212)
C,c教科書の発展レベル229(226)328( 322)
D,d入試問題通常レベル31( 31)40( 40)
E,e入試問題ハイレベル2( 2)6( 6)
合計1778(1728)3749(3656)


(2)生徒毎に数値の異なる問題を出題
 『ドリオス』に登録されている問題は、数値の定まった固定化された問題としてではなく、数値の部分が乱数で変化するパターンとして登録されていますので、同じ問題を指定しても生徒毎に数値の異なった問題を学習させることができます。隣りの友達の答えを見ても自分の問題は自分で解かないといけません。

(3)階層型ヒント
 全セクションにヒントが付いています。問題は乱数で作成されますが、ヒントもその数値に合わせて表示されます。
 ヒントは階層型になっており、必要なヒントだけを見られるようになっています。


 青のアンダーラインのある個所には次のヒントがあります。
 自分がみたい部分をダブルクリックすると次のヒントを見ることができます。


(4)詳しい解答付き
 全セクションに解答が付いています。問題は乱数で作成されますが、解答もその数値に合わせて表示されます。


(5)例題の表示
 問題はパターンで保存されていますので、例題を表示させることもできます。


(6)答えの数式解析
 用意した答えと生徒の入力した答えが見かけ上一致していなくても、実際は答えとして同じものと考えられる場合は、自動的に正誤判定されます。
用意した答え正解例
2+R32+R3
R3+2
(x-2)(x+yz)(x-2)(x+yz)
(x+yz)(x-2)
(yz+x)(-2+x)
1/2x-31/2x-3
x/2-3
-3+x/2

 たとえば、直線の方程式を入力する問題で正解が y=5/7x+3/7 のときに、生徒が次のように入力しても正しく判定されます。


 (7)得点表示
 答えの正解・不正解やヒントを見た回数などに応じて得点が表示されますので、生徒の学習意欲を維持させることができます。


(8)学習状況をリアルタイムで表示
 教師用システムでは、学習状況をリアルタイムで表示する機能があります。


(9)学習履歴の保存
 生徒に出題した問題と答えおよび生徒が入力した答えは、自動的に保存されますので、生徒がどのような間違いをしているのかを確認することができます。


(10)生徒からの質問
 生徒からの質問を受け付ける機能があります。