学校(教育)ソフトウェアの開発・販売

一般教員用『日課番+』(学校ライセンス)

 全教員が安心して使える新時代の授業変更ソフト
 一般教員は閲覧専用で同時に何人でも使用可能
 時間割変更係は『日課番』と同じ機能が使用可能
 授業変更板への書き込みや授業変更の連絡が不要に
 バージョンアップ・製品登録・各種設定が1回で完結


 『日課番』の学校ライセンスでは、複数のパソコンから同じ時間割変更データにアクセスできるようになっていますが、時間割変更係以外の一般教員が使用すると時間割変更データが不用意に上書きされる可能性があり、トラブルの原因となります。また、『日課番』を同時に使用できるのは常にパソコン1台だけになっていますので、全教員が使用するには向いていません。この問題を解決するために、時間割変更係も一般教員も自由に安心して使用できる『日課番+』をご用意しました。

『日課番+』の特長

 一般教員は閲覧専用で、授業変更係はフル機能で『日課番+』を使用したい場合に、パスワードを設定できます。
 パスワードを設定すると、『日課番+』の起動時にパスワードの入力画面が表示され、〔閲覧専用で開く〕か〔フル機能で開く〕を選択できるようになります。パスワードを設定しなければ、通常の『日課番』と全く動作になります。

時間割変更係はフル機能(『日課番』学校ライセンスと同じ機能)が使用できます。
一般教員は閲覧専用で使用でき、時間割変更の確認・印刷、授業時数や監督回数などの確認、試し段階の授業変更および印刷などができます。閲覧専用ですが、行った授業変更などが保存されない以外は『日課番』と同様に使用できます。
・時間割変更係が同時に使用できるのは常に1人だけですが、一般教員は時間割変更係の使用の有無に関わらず同時に何人でも使用できます。
・パソコン毎に必要であったプログラムのセットアップ、バージョンアップ、製品登録が1回で済みます。

■『日課番+』について
 『日課番+』の使用には『日課番』の学校ライセンスが必要です。『日課番+』のみで使用することはできません。『日課番』の学校ライセンスは校内フリーとなっていますが、あくまでも時間割変更係を対象としているため、全教員が使用するためには新たなライセンス契約が必要となります。
 『日課番+』には『日課番』の機能がすべて含まれていますので、『日課番+』ご購入後は時間割変更係もこちらをご使用ください。なお、『日課番+』の体験版はございませんので、『日課番』をご試用ください。